■ 栄光のイギリス・バロック ■ レグルス RGCD-1025


 田園と王宮、素朴と華麗。

 イギリス・バロックの

 多様な魅力に迫る!




曲目

ロック: 組曲 ト長調(トリプラ・コンコルディアより)
パーセル: セミ・オペラ「妖精の女王」よりの組曲
ブロウ: 狩りのアルマンド
パーセル: 「これはすべての定期市に優るとも劣らじ」 ヘ長調
ページブル: アリア ト短調
ヘンデル: オルガン協奏曲 変ロ長調 HWV294
ヘンデル: ソナタ ホ短調 HWV395
パーセル: ホーンパイプ「ラウンド“O”」ZT.684 



演奏者■古楽アンサンブル”ラ・フォンテーヌ”

録音■2008年4月8〜10日 相模湖交流センターホール

価格■¥3.045(税込)


コメント■・・・新しい6枚目のこのCDは、彼らがこれまでほとんどとりあげてこなかったイギリスの音楽をまとめたもので、彼らの新たな意欲を示した1枚といえよう。・・・中略・・・今回のイギリスの音楽では17世紀後半のパーセルの音楽とその同時代の作曲家たちの音楽、そして18世紀前半のイギリス音楽界の中心的存在だったヘンデルの作品が、オリジナルで、あるいは編曲などの形でまとめられている。(ライナーノートより抜粋/今谷和徳)


SEA OTTER CLASSIC で購入する!






■ この他のCD ⇒⇒
華麗なるフランスバロック | インサラータ | 
バロック・スピリット |  バロックの泉 | 
いとしい人よ(江崎浩司) |  J.S.バッハ・ソナタ(江崎浩司) | 
ヴィルトゥオーソ・オーボエ(三宮正満) | 
D.スカルラッティ・ソナタ集(水永牧子) |  夢見る雨(水永牧子) | 
イングリッシュ・ガーデン(水永牧子) | 
AIR〜G線上のアリア(江崎浩司参加オムニバス)